猫カフェ五匹の猫の営業案内

平日 13:00~20:00
土・日・祝日 11:00~18:00
(定休日 火曜日、第1・3・5月曜日)
北九州市小倉北区片野新町3-1-12
レ・サンク・シャ 1階
093-967-6840

2015年4月25日土曜日

「五匹の猫」のオリジナル

 
 カフェ「五匹の猫」をつくるにあたってこだわったことは、もう一度行きたいと思っていただけるお店にすること。そして、「五匹の猫」にしかないものを提供するということでした。
 ロゴ、キャラクターは大好きなデザイナーのサイドノートさんにお願いしました。難産でしたが、イメージにピッタリのものが生まれました。
 そのロゴが入ったオリジナルの食器がついに出来上がりました。
 なんと、カフェで使うオリジナル食器一式は、「隠れ工房Ren」のお父さんからのプレゼントです。
 いつか、お父さんに作ってもらいたいと思っていたオリジナル。
 また、ひとつ夢が叶いました。
 

素敵なお茶の時間を約束してくれるようなあったかい食器です
 出来上がった日は嬉しくて眠れませんでした。
 
 あまりきれいに出来ているので、本当に手作り?と見せした友人に聞かれました。
 一つひとつ、ろくろを回して作ってくれています。
 一つひとつ、ロゴを描いてくれています。

土をろくろに乗せて、ここが難しいところなんだって♪

みるみる間に形が出来てきます。凄い!
 
こんな秘密兵器とお父さんの技術があるからサイズが揃います。

 人間の物だけではありません。ちゃんと猫さんにも♪
 この完成度、思わず涙が出そうでした。




食べやすいよ♪アンちゃんも気に入りましたって・・・



 「五匹の猫」だけで使うのはもったいない。 
 みなさんに使っていただけるよう、さっそく販売用の製作をお父さんにお願いしました。

 さて、カフェの方は、壁や天井をバンバン壊して、内装に取り掛かりました。
 ステンドグラス作家のEmiさんにも現場を見ていただきました。ステンドグラスを入れていただく場所も決まりました。

 
まる裸って感じです。お見せするのも恥ずかしいですが(笑)
ブルーベリーの花が咲いてます。
「五匹の猫」とどっちが先に実るか競争です。
 ブログ「五匹の猫とパリの風」、どこで、どれくらいの方が見てくださっているか、データーを見ることが出来ます。
 そして、5555ページビューというのを偶然、目にして思わずカメラを構えました。
 
  ここまで、楽しく書いて来れたのも読んでくださる方がいるという励みがあったからです。
  ありがとうございます。

  五のつく日に更新していきます。次回の更新は5月5日です。
  丸裸の「五匹の猫」がどんな風に変貌しているか、お楽しみに♪
  また、お会いできますように・・・

2015年4月19日日曜日

臨時号 命をつなぐ

 動物愛護センターって行ったことがありますか?
 たくさんの罪のない犬や猫たちが殺処分され続けた場所、私は怖くて近づけず、今まで避けていました。
 でも、現実を知るためには避けてはいられません。
 初めて足を踏み入れた時、背中がぞくっとしました。

 そして、知りました。一生懸命いのちを助けようとしている方々がたくさんいることを。

 センターで偶然、知り合いのボランティアさん(ブログ:http://taikotatakicigar.blog33.fc2.com/)に会いました。小さな小さな子猫たち。ごみとして捨てられた子もいます。3時間おきの授乳が必要ですが、センターでは夜中の授乳ができません。家にはすでに乳飲み子が居て、睡眠時間は3時間というその方は、迷わず、5匹の乳飲み子を連れて帰られました。

 職員の方も懸命です。

 この子は性格も穏やかでとっても可愛いけど、エイズキャリアだから、なかなか縁がないんですよと話してくださいました。

 ずっとご縁がなかったら・・・どうなるのかしら・・・
エイズキャリアの男の子



 よほどのことがなければ感染しないし、生涯発症しない猫も多いのに、エイズキャリアってレッテルを貼られちゃうと里親さんがなかなか見つからない。

 知り合いに声をかけたら、とんとん拍子に話が進んで、この子のずっとのお家を見つけることが出来ました。
 さっそく里親希望者さんと引き取りに行って、面会しました。
お外に出られたらうれしくって歩き回りました。
 名前は「ふくちゃん」 きっと、新しい家族にたくさん福を運んでくれるね。
 「五匹の猫」が繋いだ嬉しい最初のご縁です。

 今日は臨時号でした。
 次回更新は4月25日です。また、お会いできますように。

2015年4月15日水曜日

オリジナルブレンド「パリの風」

 4月になって力いっぱい走り出しました。そして、半月経って、ある日、目の前に壁が・・・

 私はカフェに関しては全くの素人。
 時々、「本当にやれるの?」という不安が芽生えますが、やるしかない、やるんだという気持ちだけで進んできました。
 そして、プロの方に「カフェってそんなに甘くないよ」という現実を突きつけられ、立ち止まりました。
 ここまで、ほぼ1年、大きなトラブルもなく予定通り順調に進んできたことの方がむしろ不思議なくらいでした。
 

 雨に煙る山道に八重桜を見つけ、慰められました。
 ソメイヨシノが散ってお花見のシーズンも終わりました。でも、八重桜は今が盛りです。 
 母がよく八重桜の塩漬を作って、ほんのり桜の薫るおにぎりを作ってくれたのを思い出します。

 ここぞというときに、いつもストンと腑に落ちる言葉をくださる方が、
 「桂子さん、世の中、ちゃんととか完璧とかないんだよ、どうにかなるんだと思えばいいの。」

 目の前の壁は私自身が造った壁でした。越えることも、叩き壊すこともなく、すーっと消えました。
 一晩で復活した浅田真央ちゃんのように(レベルが違いすぎますが)私も復活しました。

 猫たちはいつもマイペース、落ち込んだりしませんね。               
我が家の3ニャン、親子みたいだけど赤の他人。
でも、仲良しなんだ♪



 女性オーナー板倉さんが、選び抜いた珈琲豆を提供されている豆乃木さん。ローストマスターズチャンピオンシップでチーム優勝をした方です。偶然、ご近所にあった自家焙煎の凄いお店です。
(http://baisen-mamenoki.cocolog-nifty.com/)
 
 板倉さんは私が持参したタルトタタンを試食しながら、相性ピッタリのコーヒー豆を追求してくださいました。
 スウィーツ好きの板倉さんが「タルトタタン美味し~い!これ、買いたいです♪」
と絶賛してくださり、昨日の落ち込みも吹っ飛びました。

タルトタタンを試食しながら豆の配合を吟味

  「五匹の猫」のオリジナルブレンドが出来上がった瞬間、オーナーさんは「美味しい!!!」と絶叫されました。
 コーヒーが?タルトタタンが?
 どっちもです。
 タルトタタンに合わせてストレートで飲むコーヒーですが、コーヒーだけ飲んでも美味しいブレンドが出来上がりました。もちろん、「パリの風」と名付けました。
 実力としっかりした味覚をお持ちのオーナーさんを信じてお任せしました。
 このご縁を大切にしたいです。
コーヒーを抽出する練習もしました♪

ついに出来上がった「五匹の猫」だけのオリジナルブレンド
「パリの風」

茂子さんが退職&開業祝に下さった素敵な銅製のポットで
コーヒーを入れます♪
 素人の私です。失敗もすると思います。でも、一生懸命、美味しい♪幸せ♪と言っていただけるカフェを目指します。
 次回は美味しいコーヒーを注ぐオリジナルのカップをご紹介できると思います。
 もうすぐ窯出しなんですよ♪

 五のつく日に更新していきます。次回の更新は4月25日です。
 ワクワクしてお待ちください。
 また、お会いできますように・・・

2015年4月5日日曜日

特別な四月



 とうとう走り出しました。四月です。
 カフェ「五匹の猫」は北九州市の城野駅前に6月25日オープンを目指します。



 これから年度で考える世界ではないところで生きていきます。
 準備で忙しいさなか、近所の畑で10頭ほどの山羊たちが草をむしゃむしゃ食べている光景に出合い、ふうちゃん、ほっこりしてしまいました。
 これが、山羊をレンタルして雑草を食べてもらうってビジネスかな?いいなあ~こういうビジネスって。みんなハッピーだもんね。小さな子ども連れのご夫婦も見に来ていました。

山羊さんがふうちゃんにあいさつに近づいてきてくれました♪ハッピー~

 さてさて、4月1日にカフェ予定地の鍵を開けて、がらんとした部屋に入りました。
 事務所が入っていたので、カフェは1から作らないといけません。
 建築士の夫と夫の幼なじみの工務店さんが壁に穴を開けたり、床を剥いだり、天井裏を覗いたりして構造をチェックしました。


駅前の大通りが見えます

会社の大きな看板も外れました

 これから、みなさんをお迎えする五匹の猫の入口を作ります。

 とびきり素敵なことが起こりました。
 ステンドグラス作家のemiさんがカフェにステンドグラスを作りたいと言ってくださいました。emiさんはフランスの教会で3年間、ステンドグラス製作の修業をされた方です。カフェにemiさんのステンドグラスをお願いしたいと思っていましたが、とってもお忙しい方なので諦めていました。
 emiさんはまた、個人で猫の保護活動をされてます。私がとても尊敬している方です。
 そのemiさんが「五匹の猫」にステンドグラスを作ってくださる。また、夢が叶いました。
 これも猫がつないでくれた御縁です。
 こんなに次々と夢が実現するなんて、私は何か見えない力に見守られていると感じます。

 ステンドグラスにはフランス式とアメリカ式があるそうです。
 emiさんの作品を見せていただきました。
 フランス式のステンドグラスは伝統的な手法で手がかかるそうです。

 教会などに使われているそうです。

フランス式
凄い・・・こんなの見たことない

最近はアメリカ式が多いそうです。

アメリカ式
emiさんのセンスが光ります
  アメリカ式の方が製作しやすいそうですが、emiさんは、あえてフランス式で作りましょうと言ってくださいました。

 ふたりでお話をしている間中、ごろごろしてめちゃくちゃ可愛かったemiさんちのはっちゃん。
 いつもほかの猫に負けてるはっちゃんは珍しく連続猫パンチで闘いに勝ちました。
はちべえくん、今日は闘いに勝利を治め、どや顔です


 331日、たくさんのお花と「お店が出来たら行くからね~」という同僚の温かい言葉に見送られて「五匹の猫」始動に向けて旅立ちました。

 お部屋はお花でいっぱいになりました。
アンちゃんがやってきてクンクン・・・何でこんなにお花があるの?

アンちゃん、こっちのお花もチェック!

 五のつく日に更新していきます。次回の更新は4月15日です。
 一緒にワクワクしてくださいね。
 また、お会いできますように・・・