猫カフェ五匹の猫の営業案内

平日 13:00~20:00
土・日・祝日 11:00~18:00
(定休日 火曜日、第1・3・5月曜日)
北九州市小倉北区片野新町3-1-12
レ・サンク・シャ 1階
093-967-6840

2016年2月25日木曜日

お知らせ バレンタインふうちゃん再び♪

 バレンタインふうちゃん、あっという間に貰われていきました。

 大好評につき再び登場です。
 しんこさん、頑張って出産しました♪
 
3月2日から登場です♪
 今回は5匹、3月2日から「五匹の猫」で待ってます。
 早めにお迎えに来てくださ~い♪


 いつもご支援いただく宗像市のO様。
 チェリーちゃんの元保護主のツインズにご支援のフードを持ってきてくださいました。
ワタチの実家を応援してくれてありがとニャン チェリー

 そして、キャッツ・ペアレントのファイルに追加したばかりのツインズのレモンちゃんのキャッツ・ペアレントになってくださいました。
ぼく、恥ずかしがり屋だけど、人は好きなんだよ レモン

 しかも、グットタイミングで「五匹の猫」でO様とツインズさんご対面できて、「五匹の猫」はハッピーな空気に包まれました。

 今日は嬉しいお知らせでした。


 

いろいろあった猫の日イベント

 猫による猫のための猫の日の企画「猫の日祭り週間の3日間のメインイベントを終了しました。

★1日目はリフレクソロジー・リンパマッサージの「サロン・ド・ルルフィーユあかね」のあかねさんがボランティアで参加してくださいました。
あかねさんがワタチたちに協力してくれたにゃ ありがとにゃん トト

 1,000円以上の募金をしてくださったお客様に30分のリンパマッサージをさせていただきました。


 笑顔が素敵なあかねさん、お客さんとのお話も弾みました。
              


 大好評で、後日、マッサージをしてもらった日はとても良く眠れたとのお声をいただきました。


★2日目はご予約で、猫の日イヴ特別メニューをお出ししました。
お客さまからのプレゼントのマスクを着けて

 ☆ホットアップル

 ☆焼きたてキッシュロレーヌ(ベーコンとほうれん草)

 ☆サラダ 自家製のドレッシング(塩レモンとカボスを使って)で

キッシュロレーヌ、サラダ、ホットアップル
 ☆デザート 初めてお目見えのクレープ リンゴのジュレ添え
        フランス産バターを使ったクッキー

 ☆お飲物 コーヒーor紅茶
特別に首輪をした猫ちゃんクッキー

★3日目は獣医師の井上愛子先生を囲んで、猫好きでワイワイトークしました。
 猫のことで、ちょっと聞いてみたかったことなど井上先生に聞けて楽しくてためになりました。

 あっという間に予定時間を過ぎていました。



 そして、この日、朝日放送の春の特別番組「ワンダーアース」の収録の下見にテレビ局の方が来られました。
これはなんだにゃ? ノリスケ
ウーロンだけ中に入ってずるいにゃ ひめ

 テレビ局の方が猫たちが興味を持ちそうなものをたくさん持って来られてました。

 猫の研究で著名な山根明弘さんからのオファーで、「五匹の猫」の5ニャンが自然環境をテーマにした番組のお手伝いをさせていただきます。
 残念ながら北九州では放映されませんが。

 山根さんから2月に出版されたばかりのご著書「ねこはすごい」(サイン入り)をいただきました。
 「五匹の猫」で販売し、売り上げは「猫の基金」に積み立てさせていただきます。

 最初のご著書「猫の秘密」も猫のことが分かりやすく網羅されており、猫好き必読の書です。
             
             

 5の付く日に更新しています。次回の定期更新は、3月5日です。
 猫の日祭り週間のイベントは2月28日まで続きます。

 また、お会いできますように・・・

2016年2月18日木曜日

番組出演のお知らせ

 NHK北九州放送局の取材がありました。
打合せ中もアナウンサーのお膝に乗るトトちゃん

 チェリーちゃん、さすが、準備中も堂々とウロウロしていました。
アタチ、本番中は良いお仕事したって誉められたにゃ チェリー

 一方、しっかり者と思っていたひめちゃんはビビッて、トイレに籠城。
 好奇心旺盛のウーロンくんも警戒してひめちゃんと籠城。

 意外と恐がりと思っていたトトちゃん、堂々と見学。

 ノリスケくんは淡々と普段通り。

 「五匹の猫」がどんな風に紹介されるか、みんにゃがどんな風に登場するか、お時間のある方はご覧いただけたら嬉しいです♪

 放送は
 2月22日(猫の日)
 NHK
 18:10~ ニュースブリッジ

 今日は嬉しいお知らせでした♪
 またお会いできますように。



2016年2月15日月曜日

素敵な贈り物♪

 庭のミモザのつぼみが膨らんで、可愛いボンボンのようなお花が咲き始めました。
 ミモザはフランスでは春を告げる花です。


お店に枝をさしています。お好きな方はお持ち帰りください♪

 バレンタインデーが終わりましたね。
 日本のバレンタインデーは女性が男性に愛を告白したり、チョコレートを贈ったり…が一般的でしたが、最近では男性が好きな女性にチョコレートをプレゼントしたり、男性が職場で義理チョコを配ったりもあるそうです。
猫にちゅーるをあげる日ができたらいいのにニャ ひめ
オイラの分をあげるニャ ノリスケ

 「五匹の猫」のバレンタインふうちゃんは販売2時間ほどでご用意した4匹が貰われていきました。 そして、そこに嬉しいお話が2つありました。

バレンタインふうちゃん
オリジナル「願いと夢を叶えるマスコットふうちゃん」

 あるとき、願いと夢を叶えるふうちゃんを購入された女性は、ご自分のために購入されたにも関わらず、いつもやさしくしてくれる彼にふうちゃんをプレゼントしてしまったのです。

 ふうちゃんが来てからは給料も上がるし、仕事もうまくいくし、良いことづくめで彼はとても喜びました。

 一方、彼女にはあまり良いことがありませんでした。
 彼女は闘病中だったのです。
 そこで、彼はバレンタインふうちゃんが欲しいという彼女のために、ぜひ、手に入れたいと思いました。
 発売当日、開店前にお店の前で待っている男性の姿がありました。

 彼の気持ちがこもった特別のバレンタインふうちゃん、きっと彼女の「願いと夢」を叶えてくれます。
かっこいいにゃ オイラもそんな男になりたいニャ ウーロン

 その次に、開店直後にいつもご夫婦でご来店されるT様夫妻が来られました。
 奥様がバレンタインふうちゃんを手にされ、満面の笑みでした。

 翌日、何とT様の旦那様がオリジナルの白いふうちゃんを買いに来られたのです。
 茶色のふうちゃんが一人じゃ寂しそうだから、奥様にプレゼントされるのだそうです。

 ウーロンが唯一お客様のお膝に乗ったのがT様です。
オイラ、Tさんのお膝に乗ってみたかったニャ ウーロン
アタチはいつも乗ってるニャ チェリー

 何の記念日でもなく、日常に、ふと、プレゼントされた物って本当に嬉しいものですよね。
 だって、あげなくてはいけないからではなく、「あなたが喜びそうだから」「あなたに似合いそうだから」という気持ちでくれるものだから。
 ふだんから私のことを思ってくれているんだなって感じられるから。
ワタクシはちゅ~るをくれるお客様がだ~い好き♪ ひめ
あたちも チェリー

 素敵なお客様がたくさん来てくださって、本当に幸せな「五匹の猫」です。

 今週末から「猫による猫のための猫の日祭り週間」が始まります。
 「五匹の猫」でお待ちしてます♪

 5の付く日に更新しています。次回の定期更新は、2月25日です。
 また、お会いできますように・・・

2016年2月7日日曜日

速報♪

 バレンタインふうちゃん、即日完売しました♪
 ふうちゃん、みなさまが願いと夢を叶えていただくため、応援します。

 「猫による猫のための猫の日の企画」のお知らせがあります。
 イベントのページをご覧ください。

 いずれも数に限りがありますので、お早めにお申し込みいただけたら嬉しいです。
みんにゃでワイワイ考えたニャ♪
ノリスケ、ウーロン、トト、ひめ、チェリー

 

2016年2月5日金曜日

五匹の猫の決心

 五匹の猫の4匹、ノリスケ、ウーロン、トト、ひめは保護主のぷここさんちからお預かりして里親を探しています。
  ところがオープンから7か月近くたっても全くご縁がないままでした。
わたくし、魅力ないのかしら? ひめ
ひめちゃんは魅力的だよ ウーロン
あの二人は「お似合い」だニャ チェリー



 そんな中、年明け早々、ぷここさんちのヒナちゃんがFIP(猫伝染性腹膜炎)で亡くなり、その時の検査で、白血病キャリアだということが分かりました。

 猫の白血病は人間の白血病とは違い、毛づくろいや水飲み茶碗の共有でも感染します。

  ヒナちゃんは子猫の時の検査で陰性だったため、隔離されず、ずっとみんなと一緒に生活していました。
 ノリスケはヒナちゃんとカップルでヒナちゃんはノリスケの子どもを産んでいます。

 ぷここさんから「ノリスケが感染しているかもしれないから検査してください」と切羽詰った声で連絡がありました。
 カフェの営業中でしたが、ちょうど来られていたお客様がノリスケの大のファンでノリスケのケージを抱えて病院に駆け込んでくださいました。
ヒナちゃん、守ってあげられなくてごめんにゃ ノリスケ

 ノリスケは陰性でした。

 ところが、ぷここさんに報告すると、他の3匹も一緒に暮らしていたから感染している可能性がある、やはり検査してほしいと言われました。
 翌朝1番でカフェのオープン前にみんなを連れて病院に行きました。

 幸い、ウーロンもトトもひめも陰性でした。
ノリスケ兄い、オイラも注射我慢したにゃ・・・ ウーロン


注射痛かったにゃ・・・ トト
注射、恐かったにゃ・・・ ひめ

 ぷここさんとのお約束では、里子に出せないような病気になった時は猫たちはぷここさんちに帰るようになっています。
ひめちゃんのことはオイラが守るにゃ 元気出して ウーロン

 しかし、その時、私はたとえ、陽性が出ても猫たちは返さないと心に決めていました。
 ぷここさんからのお知らせにはヒヤリとしましたが、不思議と動揺はしませんでした。

 オープンからずっと私と一緒に頑張ってくれたノリスケたちとお別れする気はありませんでした。
ウーロンくんと離れたくないよ  チェリー


ひめちゃんとも離れたくないよ チェリー

 当初、私は猫に働かせるという形の「猫カフェ」 に抵抗がありました。
 しかし、カフェで良いご縁が見つかるのなら猫の為にも良いんだと思い、オンリーワンの猫カフェを目指して「五匹の猫」をスタートしました。

 五匹の間には絶妙なバランスが出来てきました。
 最初から仲良しの五匹でしたが、今は私も含めて「仲間」という絆があります。
チェリーちゃんはいつも寝坊助だニャ トト

 「五匹の猫」の役割は里親さんをどんどん見つけていくタイプの保護猫カフェではなく五匹が保護猫の代表として、保護活動されている方と何か支援をしたいという方を結ぶ場所のようなものかもしれないと考えるようになりました。

 そして、今回の出来事で、決心がつきました。
 私が最後まで責任を負うために保護主さんから五匹を正式に譲渡していただきます。

 ただ、今でも猫たちは温かい家族に囲まれて夜も一緒に過ごすのが幸せだと思う気持ちは変わりません。
 五匹に素晴らしいご縁が訪れた時は喜んで送り出したいと思っています。
 これからも皆さまの応援、よろしくお願いいたします。

 5の付く日に更新しています。次回の定期更新は、2月15日です。
 猫の日の企画を臨時でお知らせする予定です。お楽しみに~♪

 また、お会いできますように・・・