猫カフェ五匹の猫の営業案内

平日 13:00~20:00
土・日・祝日 11:00~18:00
(定休日 火曜日、第1・3・5月曜日)
北九州市小倉北区片野新町3-1-12
レ・サンク・シャ 1階
093-967-6840

2016年4月25日月曜日

初めての経験

  熊本、大分の被災地のみなさまに心よりお見舞い申し上げます。

  地震発生から10日が過ぎました。

 当初、「大丈夫?」と県外の方々からもお問い合わせいただきましたが、北九州は大丈夫です。    ご心配をいただきありがとうございました。

 「五匹の猫」のみんにゃは元気です。
ちゃんとお留守番出来たよ 5ニャン

   

 我が家の3匹も無事ですが、揺れが来ると年長の男の子のモネはかなりビビっていました。

    
10年生きて初めての経験だったにゃ、怖かったにゃ モネ


 しかし、その後、地震はいっこうに収まらず、九州全体が揺れている感じでした。

 夜中に起きた本震翌日の土曜日は営業しましたが、ご来店は一人もありませんでした。
 被害のなかった北九州でも誰もがそんな気持ちになれなかったのだと思います。

 被害はほとんどなかったのに、日ごろ地震がないため、北九州人は口々に怖かったと言っています。震度7の地震に2度も襲われた熊本の方はどれほど怖い思いをされたでしょうか。
 
    
地震はご免ですわ ひめ

 何か出来ることはないのだろうかと思うだけで日が過ぎていきます。
 同じ九州人として申し訳ないです。
オイラも九州猫にゃ、何かするにゃ ウーロン
 福島は原発の問題があったからもっと深刻でした。
 
 けれど、熊本、大分の地震は違う意味で、ずしんと重くのしかかっています。
 近いから何もできない自分がよけいに情けなく思えます。
 
   
アタチたち何ができるかにゃ? トト

 被災地の動物たちのことも気がかりです。
 福島の立ち入り禁止区域内に取り残された犬猫に、被爆の危険を冒して東京から定期的にご飯を運んでいたボランティアさんを思い出します。

 何も具体的なことが浮かびません。

落ち込まないで、6匹で何が出来るか考えるにゃ ノリスケ

 ちょっと沈んだ日々の中、タクシー運転手の中村さん、また良いことがあったからと「五匹の猫」にたくさんご支援いただきました。
 1つしかなかった通院用のキャリーが壊れていたので、買い替えさせていただきました。

 早速、ウーロンくんがインして試乗。

オイラは一人で入るにゃ。
ひめちゃんとトト、ノリスケとチェリーは一緒に入るにゃ。 
ウーロン

わたくし、この乗り物が気に入りましたわ ひめ

 1つ購入してみたら猫たちが気に入ったので、もしもの時に5匹全員が避難できるよう、二つ追加で購入させていただきます。これで、何かあってもみんにゃ避難できます。

 ありがとうございました。

  4月29日~5月8日のゴールデンウィーク期間中は日・祝日営業時間(11:00~18:00)となります。
  5月2日、3日は定休日です。

 5の付く日に更新しています。次回の定期更新は、5月5日です。

 被災地の余震が一刻も早く収まることを願っています。
 また、お会いできますように・・・

 
 


   

 

 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿